検索

腕時計王

  • facebook
  • twitter
  • Instagram
2014.08.12

日本橋三越本店 ワールドウォッチフェアにて、ロンジン ヘリテージ コレクションの新作「ロンジン ヘリテージ 1935」 を10本先行で発売

L2.794.4.53.0_PR1.jpg

「エレガンスと革新の融合」をテーマに時計作りを続け、創業180 年以上の歴史を有する ロンジンは、820()から開催される、 日本橋三越本店 ワールドウォッチフェアにて、ロンジン ヘリテージ コレクションの新作 「ロンジン ヘリテージ 1935」 を10本先行で発売を開始。


ロンジンホームページhttp://www.longines.jp/

Elegance is an attitude ̃エレガンス、それは私の意志̃ をブランドメッセージとするロンジン。

ロンジン ヘリテージ 1935 は、もともとパイロット用に製造されたものの、発売後多くの人々から 高い支持を得たモデルの復刻版である。クッションケースと溝付のリューズはオリジナルに忠実に復刻されている。アヴィエーションウォッチによく見られるスーパールミノバ®を施した文字盤は視認性・ デザイン性ともに、世界中のヘリテージファンを魅了することだろう。

ロンジンは 1935 年にチェコ空軍のパイロット用に製造されたモデルの復刻版としてロンジン ヘリテージ 1935 を作った。オリジナルモデルは高い信頼性と頑丈なつくりが評判となり、一般向けに発売された。 当時の広告では、「最新技術の結晶の当モデルはパイロットだけでなく、スポーツを愛するすべての人々に理想的なアクセサリー」と謳ってい。頑健なムーブメントとガラスを備えたこのオリジナルモデルは、1935 年当時、 最高の技術を結集した時計と評価されていた。

蛍光塗料スーパールミノバ®が塗付されたホワイトの大きなアラビア数字が、光沢塗装されたブラックの文字盤にくっきりと映える。


時位置にはスモールセコンドと日付表示が配されている。

ロジウムメッキが施され、サンド加工されたスケルトンの針には蛍光塗料スーパールミノバ®が塗付されているため、さらに視認性が高められている。文字盤はレイルウェイトラックのミニットリングによって、 調和がとれたデザインとなっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このカテゴリの最新記事

NEWS

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

FEATURE

腕時計王2017年12月号/冬号 発売中!!
エドックスキャンペーン開催中!
ボール ウォッチ[DEVGRU](デブグル)誕生