検索

腕時計王

  • facebook
  • twitter
  • Instagram
2014.12.26

モンブラン「ヘリテイジ スピリット オルビス テラルム」登場

伝説的筆記具「マイスターシュテュック」の誕生90周年を記念して、モンブランは「マイスターシュテュックヘリテイジ」と名付けたウォッチコレクションを発表しました。このコレクションは、マイスターシュテュックスピリット-時代を超えて受け継がれる最高峰のクラフトマンシップとシンプルなモダンさ-を受け継ぐべく、2015年以降も「ヘリテイジ スピリット オルビス テラルム」コレクションとして、モンブランウォッチのラインナップの中で重要な位置を占めていくこととなりました。昨年の発表以来、瞬く間に喝采を持って迎え入れられた、隅々までに盛り込まれたスイス伝統の時計作りの流儀、飽きの来ないデザイン、そして堅牢で正確な機能性をベースとして、新たにグランドコンプリケーション搭載モデルや、斬新なデザインのモデルも加わり、様々なバリエーションも豊かにマイスターシュテュックスピリットを語り始めます。なかでも、「ヘリテイジ スピリット オルビス テラルム」は、現代人にとって最も有用な機能のひとつと言えるワールドタイム機能を、革新的な方法で実現したモデルです。丸い地球そのものを発想の中核に置いたこのモデルにはOrbis Terrarum(丸い地球)の名がつけられており、モンブランの時計技師たちが独自開発した機構により、地球上の24の時間帯での現在時刻がひと目で読み取れることができるように設計されています。 

 

 

この複雑機構の発想の源は、スイス時計製造の長い歴史の中でも光彩を放っている“Montres à eclipses”(eclipse

=日食、月食、覆い隠すなどの意)です。20世紀初頭に登場したこの種の時計は、様々なダイヤルが層をなして重なって

おり、それらが開閉したり回転したりすることで、機能やダイヤルの表情が変貌するという仕掛けを内蔵していました。

モンブランにとって、この手法はお手のものです。過去にも、ボタンひとつで文字盤が変貌する「メタモルフォシス」(2010年、2014)や、2枚重ねのダイヤルで昼夜の時間表示数字の色が変わる「ニコラ・リューセック ライジングアワー」

(2012)に取り組み成功させています。

旅を軽やかに演出する革新的ワールドタイマー 旅を軽やかに演出する革新的ワールドタイマー 旅を軽やかに演出する革新的ワールドタイマー 旅を軽やかに演出する革新的ワールドタイマー「ヘリテイジ スピリット オルビス テラルム」の機構は、シンプルで読み取りやすく、使い方も簡単です。世界のそれぞれの時間帯の現在時刻が一目瞭然で判別できます。幾層かに重なったダイヤルのうち、一番上に配置されたサファイヤクリスタルのメインダイヤルには、北極から見た大陸図が描かれており、大陸部分はくりぬかれており、海洋部分はライトブルーに塗られています。このメインダイヤルの下には、24時間で1回転する昼夜ダイヤルが重なっています。ダイヤル外縁部には、各タイムゾーンの24の都市名が書かれたディスクがあり、さらにそれぞれの時間帯のアワーを示す24時間ディスクがその外側に配置されています。8時位置にあるプッシャーを操作することで、都市名ディスクは24時間ディスクとは別々に回転させることができます。ホームタイムを調整するには、該当する都市名とその時間帯のアワー数字を6時位置に合わせるだけです。現在地の時間は中央の時針と分針が示し、これはリュウズで調整します。出発地の時刻がいつも6時位置に示されたままになっているので、旅行先に到着した時には、新たな現地時間を表示する時針と分針を調整するだけで済むわけです。革新的な層状ダイヤル構造のおかげで、24のすべての時間帯の時刻が一度に読み取ることができるとともに、地球上の昼夜の区別は、大陸図がくりぬかれたメインディスクの下の2(昼は明るい色、夜は暗い色)に塗り分けられた昼夜ダイヤルを透かし見ることによって、一目瞭然となっています。このモデルは、28800振動()のオートマティックムーブメント キャリバー MB29.20(calibre MB29.20)を搭載しています。モンブランが独自にカスタマイズしたムーブメントです。

ディティールに息づく正統派の証明 2014年発表の「マイスターシュテュック ヘリテイジ」の衣鉢を継ぐ「ヘリテイジ スピリット」コレクションは、ディティールにスイス伝統の時計作りのDNAを宿しています。すっきりと直線を描く41ミリケース、浅く外縁部が凹んだボンベダイヤル、反射防止サファイヤクリスタルの風防ガラスは、まさに時計作りの良心を感じさせます。サンドブレスト加工から浮かび上がるポリッシュのブランドシンボルマークが輝くリューズや、丹念に磨き上げられた立体的なドーフィン針が、クラシカルな
華を添えます。また、まっすぐに潔くカットされたシリンダー状の側面には、水平方向にヘアラインが走るサテン仕上げが施されており、つややかなポリッシュ仕上げのケースと美しいコントラストを成しています。また、ゆるやかにカーブしたホーンはフィット感を増し、大粒の斑が美しいブラックアリゲーターストラップは着脱が簡単なトリプルフォールディングストラップを採用し、身に着ける旅人の快適さを十分に考慮した仕上がりとなっています。

 

 

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

このカテゴリの最新記事

NEWS

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

FEATURE

腕時計王2018年3月号/春号 発売中!!
伊勢丹新宿店メンズ館×腕時計王イベント開催!!
ボール ウォッチ[DEVGRU](デブグル)誕生