検索

腕時計王

  • facebook
  • twitter
  • Instagram
2015.05.15

<セイコー プロスペックス> アルピニスト 限定モデル

a.jpg

セイコーウオッチ株式会社は、本格的なスポーツウオッチシリーズ<セイコー プロスペックス>アルピニストから、世界文化遺産である富士山の美しい姿をイメージした限定モデル2機種を、希望小売価格40,000円+税、数量限定各900本にて、2015529日(金)より全国の時計販売店・大手量販店・スポーツショップ・登山用品店などで発売。昨年に引き続き、本年も売り上げの一部を日本ユネスコ協会連盟※ へ寄附し、世界遺産活動をサポートする。

 

<セイコー プロスペックス>は、ダイビングやトレッキングなど、スポーツやアウトドアシーンに対応する、本格機能を備えたスポーツウオッチブランドだ。「アルピニスト」は”安全に登山を楽しむ”という着想のもと、冒険家 三浦豪太氏監修により開発された、その名にふさわしい登山用ソーラーデジタルウオッチシリーズである。

 

 日本ユネスコ協会連盟

公益社団法人 日本ユネスコ協会連盟は1947年に設立したNGOとして、全国約280の地域ユネスコ協会とともに、国内・海外での活動を行っています。UNESCO憲章の理念にもとづき、途上国への識字教育支援「世界寺子屋運動」や国内外の身近な文化・自然を守り伝える「世界遺産活動」、100年後の子どもたちに日本の豊かな自然や文化を伝える「未来遺産運動」など、国際平和と人類共通の福祉の実現を目指し、多様な活動を推進している。

 

≪商品の特徴≫

「アルピニスト」シリーズは高度・気圧・温度・方位計測といった基本機能から、ペース管理に役立つ「登高スピード表示」、エネルギー補給の目安となる「消費エネルギー表示」などのアドバンス機能までを搭載し、安全な登山やトレッキングをサポート。光をエネルギーに換えるソーラー充電機能を搭載しており、数日に渡る登山でも不意の電池切れの心配はない。

また、リュックサック着脱時の引っ掛かりや、トレッキングポールのストラップなどによる誤作動を防ぐため、ケース側面のボタンを凹凸の少ないデザインにするなど、細部に至るまで使い心地を追求している。

 

本限定モデルは、2013年の世界文化遺産登録以降、国内外から注目を集め、登山者が増加している”富士山”の美しい姿を表現している。昨年に引き続き、本年も売り上げの一部を日本ユネスコ協会連盟に寄附し、世界遺産活動に貢献。昨年の寄附金は、カンボジアのバイヨン寺院ナーガ・シンハ彫像修復プロジェクトなどに活用された。

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

このカテゴリの最新記事

NEWS

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

FEATURE

腕時計王2018年3月号/春号 発売中!!
伊勢丹新宿店メンズ館×腕時計王イベント開催!!
ボール ウォッチ[DEVGRU](デブグル)誕生