OMEGA

腕時計王

NEWS

2015.10.23

オメガの新規格「マスター クロノメーター」搭載第1号が誕生!

OMEGA_FIRST_MASTER_CHRONOMETER_1.jpg
 2014年に、オメガがMETAS(スイス連邦計量・認定局)と共同で開発に取り組むことを発表した、腕時計の精度・性能検査、認定プロセス「マスター クロノメーター」。約1年が経過し、ついにマスター クロノメーターの認定を受けた第1号が誕生し、スイスで記者会見が行われた。

第1号となったのはオメガの「コンテレーション グローブマスター」(写真)。1950年代~60年代モデルの復刻で、12面体のパイパン・ダイヤルが特徴的。かつて数々の天文台コンクールで優秀な成績を収めたことを記念して、裏ブタに天文台レリーフを刻印している。

OMEGA FIRST MASTER CHRONOMETER_7.jpg
 記者会見で、スウォッチ・グループのニック・ハイエックCEO(写真)は、
「イノベーションの重要性は誰もが知っています。また、METASのような独立機関とともに取り組むことで、オメガはお客様にとって透明性の高い企業として信頼されるのです」と、今回の発表の重要性を語った。

 マスター クロノメーターは、10日間にわたる検査で8種類のテストが行われる。1万5000ガウスの磁場にさらされるなど、実生活における着用条件を再現した基準に合格しなければならない。

 既存のC.O.S.C.認定とともに、さらなる品質と計時性能を示す認定が増え、ユーザーもより信頼できる腕時計を選ぶことができるようになった。このオメガの発表は、時計業界において、新たな歴史の一歩といえるだろう。

LINEで送る