検索

腕時計王

  • facebook
  • twitter
  • Instagram
2016.04.15

タカシマヤウオッチメゾンで「カール F.ブヘラフェア」開催

00_10912_08_33_01_sml.jpg

時計・宝飾店として120年を超える歴史を持つカール F.ブヘラ。オリジナルウオッチも1919年から製造を開始し、もうすぐ100年という老舗として知られています。4月20日(水曜)から5月3日(火曜)の間、東京・日本橋のタカシマヤウオッチメゾンで、貴重なミュージアムピースの展示や新作を先行発売する「カール F.ブヘラフェア」が開催されることになりました。
展示されるミュージアムピースは、1920年代に製造されたレディスウオッチやポケットウオッチ、今のカール F.ブヘラのコレクションに通ずるクロノグラフやビッグデイトを搭載したメンズウオッチ、スイス初のクォーツムーブメントBETA21を搭載したモデルなど、スイスの時計製造の歴史を知ることができるものとなっています。
また、ペリフェラル(外周)ローターを搭載した、ブヘラを代表するムーブメント、CFB A 1000をベースにしたムーブメントを搭載した「マネロ パワーリザーブ」の新作が会場で先行発売されます。パワーリザーブ表示とビッグデイトが目を惹くモデルで、SSケースとアリゲーターストラップのモデルが税抜価格123万円。そのほかSSブレスモデル、18Kローズゴールドケースモデルなどバリエーションも揃うそうなので、ぜひ見に行ってみてはいかがでしょうか。
住所:東京都中央区日本橋3-1-8
会場:タカシマヤウオッチメゾン

このエントリーをはてなブックマークに追加

このカテゴリの最新記事

NEWS

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

FEATURE

腕時計王2017年9月号/秋号 発売中!!
ウオッチタウン 梅田時計倶楽部
腕時計王×ひこ・みづのイベント開催しました