検索

腕時計王

  • facebook
  • twitter
  • Instagram
2017.05.16

オメガとIOCのパートナーシップが2032年まで延長

 

オリンピックといえばオメガ、というイメージの通り、長らくオメガはオリンピックの公式計時を担っています。その始まりは1932年のロサンゼルス大会。このたびオメガとIOC(国際オリンピック委員会)はパートナーシップを2032年まで延長することを発表。つまり、パートナーシップ100年を迎えるときまで延長することが決定しました。

 

スイス・ローザンヌのオリンピック ミュージアムで行なわれた今回の発表には、IOCのトーマス・バッハ会長、スウォッチ・グループのニック・ハイエックCEOらが参加。トーマス・バッハは「オメガはスポーツの計時における世界的なリーダーであり、契約が延長されたことで、信頼性の高いオメガの専門技術をオリンピックのアスリートたちに引き続き提供できるようになります」、ニック・ハイエックは「オリンピックは世界で最も心を揺さぶられるイベントのひとつであり、オリンピックのメダルはスポーツに関わるものにとって究極の夢です。オメガがパートナーシップを結んで100年となる2032年まで継続することを喜ばしく、また誇りに思います」とそれぞれ語りました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このカテゴリの最新記事

NEWS

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

FEATURE

腕時計王2017年9月号/秋号 発売中!!
ウオッチタウン 梅田時計倶楽部
腕時計王×ひこ・みづのイベント開催しました